ハイチ大地震 日本人医師奮闘 手術に診察、息つく暇なく(毎日新聞)

 【ポルトープランス庭田学】ハイチ生まれで同国に住む日本人、小田むっくあか医師(31)が、大地震に見舞われた首都ポルトープランスの病院で、被災者の治療に奮闘している。小田さんは「命を救うために医師としての責任を果たしたい」と話している。

【写真で見る被害の大きさ】ハイチでM7.0 被害拡大、救援進まず

 小田さんの父はハイチ人、母は大阪府富田林市出身の日本人。小田さんはハイチ生まれで、この国で暮らしてきたが、国籍は日本だ。

 外科医として、ポルトープランス中心部の国立総合病院で働き、今月12日の大地震直後から、休む間もなく被災者の手術や診察を続けている。地震発生時について小田さんは「私も地震にびっくりして、自分の家族のことを心配した。だが、すぐに働き始めた」と振り返った。

 在留邦人21人のうち在ハイチの日本大使館が17日朝、最後に無事を確認できたのが小田さんだった。地震後の目まぐるしい忙しさの中、大使館員との接触が遅れたためだ。

 18日、病院を訪れると、小田さんは次々に運び込まれる患者から患者へと診察をして回り、息をつく暇もない様子だった。基本的な日本語と母語のフランス語に加え、英語、スペイン語も堪能なので、外国からの医療支援スタッフとチームを組んで治療に当たっていた。また、病院職員らに新しい担架の使用方法を教えるなど、エネルギッシュに駆け回っていた。

 小田さんは、ハイチを襲った大地震を「本当につらい出来事だ」と言いつつ、「私は患者のためにベストを尽くしたい。すべての人を助けたい」と決意を語る。この日、クリントン元米大統領が同病院を訪問。「ハローとあいさつをしたよ」と少しだけ笑顔を見せた。

【関連ニュース】
<毎日新聞社会事業団>ハイチ大地震救援金受け付けています
◇なぜ起きた◇ハイチ大地震:プレート境界、ひずみ蓄積
◇独裁と混迷の歴史◇ハイチ大地震:最貧国を直撃…悪政のツケ 国民に
ハイチ大地震:クリントン元米大統領が視察
ハイチ大地震:自衛隊派遣準備を指示 防衛相

<火災>住宅全焼 72歳女性?死亡 愛知・豊田(毎日新聞)
小沢氏きょう聴取 「関与」「原資」焦点に(産経新聞)
政治家、秘書と「同罪」ではない=鳩山首相(時事通信)
小沢氏、土地代4億円「自分の金」と説明か(読売新聞)
<ハイチ大地震>自衛隊の医療援助隊が出発(毎日新聞)
[PR]
# by aragkhhsik | 2010-01-25 18:22

<車上荒らし>巨人・加治前選手、ゴルフバッグなくなる(毎日新聞)

 22日午前6時15分ごろ、神奈川県厚木市中町3のコインパーキングで、「車のガラスが割られて車内から物を取られている」と、プロ野球・巨人の加治前竜一外野手(24)=東京都調布市=から110番があった。乗用車の後部窓ガラスが割られ、車内にあったゴルフバッグとボストンバッグ(計約30万円相当)がなくなっており、県警厚木署は窃盗事件とみて調べている。

 同署によると、バッグにはゴルフクラブのほか、バット、スパイクなどが入っていたという。厚木市内では昨年12月28日以降、ゴルフクラブを盗まれる車上狙い事件が25件発生している。加治前選手が駐車していたコインパーキングでも今月2日に被害があったばかりで、同署は同一犯の可能性が高いとみて捜査している。

 加治前選手は08年6月、プロ初打席でサヨナラ本塁打を放った。22日はゴルフのため、前夜からコインパーキングに駐車したという。【池田知広】

【関連ニュース】
窃盗:ヴィトン、900万円相当盗まれる 大阪で早朝
窃盗:高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖
奈良・不明住職:万引き容疑で逮捕 福島のスーパーで
万引き:千葉県警の警部逮捕 茨城の店で人形盗んだ疑い
窃盗:給与900万円盗まれる 名古屋の飲食店

<掘り出しニュース>五輪フィギュア上位、サッカーW杯も活躍 岐阜の神社で粥占い(毎日新聞)
<荷崩れ>トレーラーの生サバ、路上に散乱 大分自動車道(毎日新聞)
2月にセミナー「本気の子宮頸がん検診フロンティア」(医療介護CBニュース)
有料老人ホーム、389か所が依然無届け(読売新聞)
環境と経済成長の両立を=アジア中南米フォーラムで提案−岡田外相(時事通信)
[PR]
# by aragkhhsik | 2010-01-24 04:14

改正薬事法、漢方薬の郵送販売禁止 嘆く利用者 店主危機感(河北新報)

 昨年6月に施行された改正薬事法に、漢方薬の利用者と薬局の双方から不満の声が上がっている。漢方薬など処方せんの要らない一般用医療薬(大衆薬)の郵送販売が禁止され、利用者は薬局に足を運ばなければならなくなった。東北でも遠方に住む人や移動手段のない高齢者は負担感を訴え、郵送販売の割合が大きい薬局は売り上げの落ち込みに危機感を募らせている。

 「トラブルなく利用していたのに、どうしてこんな法律ができたのか。負担が増えるだけ」。石巻市の会社員白出政子さん(53)は8年ほど前から、漢方薬を服用している。かかりつけは仙台市にある薬局。家族4人分の薬は郵送で受け取っている。

 郵送販売の禁止は対面販売で薬のリスクを説明し、利用者の安全を確保するのが理由とされる。2011年5月末までは経過措置として、改正前から利用していた薬を同じ店から購入する場合などに限って認められる。

 白出さんも体調の変化などで薬の種類を変えると、月1、2回は薬局まで出向かなければいけなくなる。薬局まではタクシーと電車を乗り継いで片道3時間。1回の交通費は5000円以上かかり、仕事も休まざるを得ない。

 白出さんは「ほかの薬局は取り扱う薬が違うので簡単に変更できない。電話で相談に乗ってくれ、付き合いの長い薬剤師への信頼は替えがきかない」と嘆く。

 仙台市青葉区で1人暮らしの千葉篤子さん(72)は家から薬局まで徒歩15分の距離だが、郵送で購入している。腎臓の持病で足がむくみ、移動は困難を伴う。「薬局に行ってきてと頼める人はいない。雪道で転んで、けがでもしたら元も子もない。郵送禁止は高齢者の実情を全く考えていない」と憤る。

 漢方薬を扱う薬局側は経営への影響を懸念する。八戸市のある薬局は売り上げの約2割が郵送販売。利用者には対面販売への切り替えを呼び掛けている。理由を説明しても、なかなか理解してもらえないケースもあるという。

 店主の男性は「クリック一つで買えるインターネット販売と、カルテを作り、電話などで体調を確認している漢方薬局の販売方法を一緒くたにして禁止するのはあまりに乱暴。売り上げが2割減れば、利用者には申し訳ないが、廃業も考えないといけない」と話している。


現場マンションに指紋の男、再逮捕へ 南青山の飲食店従業員殺害(産経新聞)
自民、千葉選挙区に猪口氏擁立へ(産経新聞)
養鶏場金庫盗んだ容疑=元従業員ら3人逮捕−佐賀県警(時事通信)
天皇陛下がハイチ大統領に電報(時事通信)
「全面的に闘っていきたい」民主党大会で小沢氏(読売新聞)
[PR]
# by aragkhhsik | 2010-01-23 08:10

「参院選にマイナス」小沢氏行脚に地方組織戸惑い(読売新聞)

 資金管理団体「陸山会」の事務担当だった石川知裕衆院議員(36)らが逮捕された後も、夏の参院選に向け、精力的に地方行脚を続ける民主党の小沢一郎幹事長。

 迎える側の地方組織からは「党本部に文句を言いたいくらい」という不満も噴き出すなど、全国各地に「選挙にはマイナス」「説明責任を果たしていない」といった不満が広がっている。18日に開会した国会で活動する衆参の民主党議員の間でも、「参院選への影響は避けられない」などという声が漏れ始めた。

 18日夕、福井市で開かれた民主党福井県連のパーティー。

 参院選の立候補予定者を発表するため、この日午後、福井入りした小沢氏は、右翼の抗議活動による影響で予定より10分ほど遅れて姿を見せると、あいさつの中で「中央のメディアは私の批判ばかりしている」などと語り、会場がざわつく場面もあった。「こんなことでは参院選を戦えない。党本部に直接、文句を言いたいぐらいだ」。出席した同党系の県議の1人はそう言って険しい表情を見せた。

 石川容疑者の逮捕後、「全面的に対決したい」と東京地検特捜部に猛反発した小沢氏。その説明責任について、読売新聞が同党の47都道府県連の幹部らにアンケートしたところ、青森、千葉、新潟、静岡、大阪、熊本など16府県が「説明責任を果たしていない」「説明が不十分」などと回答した。このうち、鳥取県連の福間裕隆幹事長は「3人も逮捕されたのは異常事態。小沢さんの説明では、国民は納得できていないと思う」と語り、新潟県連の佐藤信幸幹事長は「検察と幹事長のどちらを信じればいいのか」と戸惑いを見せた。

 小沢氏の続投が参院選に与える影響については、14府県連が「マイナス」と回答。33都道府県連は「分からない」とし、「プラス」としたところはなかった。

 「参院選を仕切ってもらうには剛腕の小沢幹事長がいいが、『風』がどうなるか分からないので何とも言えない」。三重県連の幹部はそう語る。

 小沢氏は、参院選を取り仕切るため今後も精力的に地方を回る方針。小沢氏が東京地検との対決姿勢を示したことについては、28都道府県連が「支持する」としたが、2月に小沢氏を招いた会合を予定している栃木県連の関係者は「その時に捜査の動きや世論がどうなっているか。『歓迎』とも『来てほしくない』とも言えない」と歯切れが悪かった。

 参院選への影響を懸念する声に対し、この夏の参院選に臨む予定の尾立源幸参院議員は、「このような時期だから当然と言えば当然の声」と残念そう。ただ、同じ改選組で、当選1回の参院議員は「選挙が終わったばかりの衆院議員と異なり、夏に選挙を控えた我々はつらい。世論がこれ以上、厳しくならなければいいが……」と不安そうに語った。

地方都市の震災対策を検討=孤立集落や生活再建が課題−中央防災会議(時事通信)
小沢氏聴取、早期実現を=鳩山首相(時事通信)
民主党大会会場の日比谷公園周辺、厳戒態勢に(読売新聞)
民主党大会会場の日比谷公園周辺、厳戒態勢に(読売新聞)
「無料お試し」宅配ビデオ、知らぬ間に利用料(読売新聞)
[PR]
# by aragkhhsik | 2010-01-22 12:32