カテゴリ:未分類( 59 )

自民、元女優ら2新人を擁立(産経新聞)

 自民党は5日、夏の参院選で、北海道選挙区に元団体役員の長谷川岳氏(38)、比例代表に会社社長の田島みわ氏(45)を新たに公認した。長谷川氏は昨年の衆院選で北海道1区から出馬、落選していた。田島氏は「麻生真宮子」の芸名で歌手・女優活動の経験があり、現在はイタリアの食文化から見た都市再生の研究をしている。両氏の公認で、自民党の候補者は、選挙区36人、比例代表20人の計56人となった。

【関連記事】
自民、全国遊説に「美人すぎる市議」活用
小沢幹事長、田村参院議員に入党要請
平沼氏「懐かしい場所に戻ってきた」
安倍氏会長の研究会が「創生『日本』」に名称変更
石川被告への辞職勧告「審議するにあたらず」 山岡氏

「引退当然」「活躍励み」思い多様 朝青龍関引退(河北新報)
「結婚したら尽くします」=サイトで「家庭的」演出−交際後に金無心・木嶋容疑者(時事通信)
小沢氏「幹事長の職責返上は考えていない」(産経新聞)
日立、中西副社長が社長に昇格(レスポンス)
午前9〜10時に殺害か=同居の男、電器店に立ち寄る−鳥取不審死(時事通信)
[PR]
by aragkhhsik | 2010-02-10 13:45

独法の仕分け、対象選定に着手=仙谷担当相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は7日午後、埼玉県熊谷市で講演し、政府の行政刷新会議が進める事業仕分けに関し、「春から今度は独立行政法人、公益法人、特別会計をやらなくてはいけない。調査・分析に入った」と述べ、対象となる法人などの選定作業を始めたことを明らかにした。
 仙谷氏は「涙をのんで、これは辛抱してもらうという予算も出てくるかも分からないが、理解をいただきたい」と訴えた。 

【関連ニュース】
不慣れな経済、答弁に不安=公約財源捻出に試練
衆院予算委の詳報
公益法人の事業仕分け実施=行政刷新会議に先行
造船重機、3社が純損益悪化=4〜12月期、円高も響く
政治主導法案を閣議決定=国家戦略局、刷新会議を明記

自民、全国遊説に「美人すぎる市議」活用(産経新聞)
参政権で亀井金融相「民族感情を刺激も」(産経新聞)
小沢氏、口も堅く(産経新聞)
山本病院元理事長ら逮捕=肝腫瘍摘出で患者死亡−業過致死容疑・奈良県警(時事通信)
<MMRワクチン>自閉症との関連なし 英誌が論文取り下げ(毎日新聞)
[PR]
by aragkhhsik | 2010-02-09 18:19

トヨタ社長、品質問題で陳謝=「プリウス」は早急な対応指示(時事通信)

 トヨタ自動車の豊田章男社長は5日夜、名古屋市で緊急記者会見し、海外でアクセルペダルの不具合に関する大規模リコール(回収・無償修理)など一連の品質問題を起こしたことについて、「複数の地域とモデルでリコールが発生し、ご心配をお掛けしたことを心からおわび申し上げる」と述べ、陳謝した。豊田社長がこの問題で会見し、謝罪表明するのは初めて。
 一方、日本と米国でハイブリッド車(HV)新型「プリウス」のブレーキの不具合が起こっている問題では、「現在できるだけ早く対応できる方法を検討するよう社内に指示している。決まり次第、報告したい」と述べるにとどめた。
 同社はこれまで「プリウス」のブレーキ問題について「利き具合の感覚の問題」として安全上の問題はないとしていた。しかし、問題が表面化して以降、ユーザーからの問い合わせが増加。このため、会見に同席した佐々木真一副社長は、「一件ずつ検証し、どの処置がベストなのか精査している」と述べ、原因を改めて調査する考えを強調した。
 トヨタの品質問題をめぐっては、リコールの台数が世界で約445万台に上っている。米国では議会や運輸省が調査に乗り出すなど社会問題化しているが、企業トップが公式な場で説明しないことに批判が上がっていた。
 豊田社長は経営に与える影響については、「お客さま第一の原点に立ち戻り、信頼を取り返すことが最優先課題」とし、信頼回復を優先させる考えを強調。再発防止策として、社長をトップとした「グローバル品質特別委員会」を設置し、品質改善に向け積極的に関与する考えを示した。
 また、品質問題で米議会の公聴会に北米トヨタ自動車の社長が呼ばれている件では、「真摯(しんし)に全面的に協力したい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
〔用語解説〕「リコール」
不安解消ならず=具体策乏しく、逆効果の声も
トヨタ、格下げ方向=リコール問題で-S&P

タマネギ騒動「犬に食わせていない」 プロレスラー小島ブログで釈明(J-CASTニュース)
小沢氏「潔白である」を信じるのは当然…首相(読売新聞)
殺害準備の過程を詳細に書き込み「準備完了」(産経新聞)
<障害者基本法>抜本改正で推進会議一致 差別禁止法制定も(毎日新聞)
<陸山会事件>9億円は口座入金なし(毎日新聞)
[PR]
by aragkhhsik | 2010-02-09 00:48

<茨城空港>4月からスカイマーク神戸便が就航 初の国内線(毎日新聞)

 スカイマーク(東京都大田区)は6日、茨城空港と神戸を1日1往復する定期便を4月16日から就航させる、と発表した。3月11日開港の茨城空港に就航する定期便はこれまで韓国・アシアナ航空のソウル便1本にとどまっており、国内線は初めて。運賃は大人普通片道1万2000円。

 茨城空港は、航空自衛隊百里基地の滑走路(2700メートル)を補強し、もう1本の滑走路(同)を新設した民間との共用空港。茨城県は、ターミナルビルから飛行機に直接乗降する際に使うボーディング・ブリッジを設けず使用料負担をなくすことなどで、格安航空会社が就航しやすいよう誘致を進めてきた。【山崎理絵】

【関連ニュース】
社会人野球:茨城GG、3月に台湾遠征
増える空港 かさむ赤字/1 狭い国土に98
日航破綻:/下 空港乱立で赤字膨張
社会人野球:茨城GG、台湾代表と対戦−−3月に台北遠征
七色帆引き船:来月の3日間運航 7市町、空港開港記念し /茨城

偽札 東北4県で60枚に…ホログラム精巧、判別難しく(毎日新聞)
亀井氏「神戸の少年じゃないけど、郵政切り刻んだ」(読売新聞)
近く父と遠方に参ります 大石主税、討ち入り前に書状(産経新聞)
宮城県北部で震度4(時事通信)
<鶴ヶ城>豪華しゃちほこ地上へ 45年前建設会社が寄贈(毎日新聞)
[PR]
by aragkhhsik | 2010-02-08 05:26

「週刊ゴング」の出版社が破産(時事通信)

 帝国データバンクが3日明らかにしたところによると、プロレス雑誌「週刊ゴング」で知られている日本スポーツ出版社(東京都中央区)は1月29日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。負債額は不明。
 同社は1968年に設立。高校野球雑誌「ホームラン」などの出版も手掛け、96年12月期には売上高28億4800万円を計上した。しかし、プロレス人気が下火となったことに加え、架空取引が判明し、信用不安が表面化。2007年3月に事業を停止し、「週刊ゴング」も休刊となっていた。 

【関連ニュース】
山本病院元理事長を保釈=診療報酬不正受給
「浅井」社長に有罪=事故米不正転売
山本病院元理事長に実刑=診療報酬不正受給
「ハイファッション」「銀花」休刊へ
自動車誌「NAVI」休刊

「四条畷」→「四條畷」に数億円? JR、依然変更されず(産経新聞)
遺伝子型で製剤投与立証=カルテない女性和解、肝炎訴訟−新潟(時事通信)
収賄容疑で福岡県元副知事を逮捕、県町村会から100万円(産経新聞)
中国軍拡、透明性必要=北沢防衛相「懸念は日米共通」−鳩山首相(時事通信)
書の甲子園 大阪市立美術館で開幕(毎日新聞)
[PR]
by aragkhhsik | 2010-02-07 07:09

<不正経理>農水省で427件 契約1億円 04〜08年度(毎日新聞)

 農林水産省は2日、04〜08年度に本省や地方機関など164カ所で、代金を支払いながら品物は翌年度に納入させるなどの不正経理が計427件あり、契約額は計約1億円に上ったと発表した。金額分の品物は納入されており、私的流用は確認できなかったという。

 農水省は昨年10〜12月、5年間で購入した事務用品などの備品や消耗品について、本省などの会計担当者にアンケートを実施した。

 この結果、コピー用紙やトナーカートリッジなどを年度内に納入させたことにして代金を支払い、実際は翌年度に納入させる「翌年度納入」と呼ばれる手口が最も多く、38カ所で393件(計9709万円)見つかった。

 また、業者に虚偽の請求書を提出させ、事務用品が納入されていないのに代金を支払い、実際はデジタルカメラなどを納入させる「差し替え」が3カ所で5件(計186万円)、代金だけを振り込んで業者に管理させる「預け」が2カ所で6件(計57万円)あった。

 農水省会計監査室は「年度末に予算を残して翌年度の予算を削減されるのを恐れたり、煩雑な事務手続きを避けるためにこうした不正経理が横行してしまった」と釈明している。【奥山智己】

【関連ニュース】
ヤミ専従問題:更迭された前秘書課長が復帰…農水省人事
中山間地:振興へ新法…参入企業に金融支援 農水省検討
農水省:コメ価格センター廃止へ 取引減少で機能低下
公共建築物:一部木造化を義務付け 農水省、法案提出へ
農水省:ヤミ専従問題で虚偽資料、更迭の元秘書課長を1年足らずで復帰

鳥取不審死 上田容疑者 家電購入直後に転売 水死男性、頻繁に督促(産経新聞)
「借りたカネは返すな!」の著者を再逮捕 法人税でも脱税指南(産経新聞)
「個人資産」の主張切り崩せず…陸山会事件(読売新聞)
センター追試開始 例年より1週間遅れ(産経新聞)
ベルマーク50周年 AED購入や「実験教室」利用も(産経新聞)
[PR]
by aragkhhsik | 2010-02-06 11:30

南硫黄島北海域で白煙=海底火山活動か−3管(時事通信)

 第3管区海上保安本部は3日、巡視船が南硫黄島北約5キロの海域で白煙が上がっているのを確認したと発表した。海底火山活動とみられる。
 3管によると、午前8時前に白煙を発見した。海域は東京から南に約1300キロ。これまでも海底火山の活発な活動が確認されている。海域の変色が常時認められる状態といい、最近は新島が一時形成されてはその後、水没する例が多い。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕The Volcano 世界の火山
〔写真特集〕ウェザーフォト:パカヤ火山の噴煙と稲妻
【Off Time】再生-富士山測候所の今
時事ドットコム天気予報・全国の天気
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜

<タクシー>乗務距離制限の取り消し求め提訴 近畿の5業者(毎日新聞)
「背中を刺された。息苦しい」…被害者の“声”にも被告は無表情(産経新聞)
集まったけど…善意か悪魔か「ハイチに千羽鶴」運動、ネットで炎上(産経新聞)
「結婚したら尽くします」=サイトで「家庭的」演出−交際後に金無心・木嶋容疑者(時事通信)
輸入ワクチン、希望は3都県=949万回分余る−新型インフル(時事通信)
[PR]
by aragkhhsik | 2010-02-05 14:53

結婚への夢、ブログにつづる=大出さん、「旅行に」翌日遺体で発見−連続不審死(時事通信)

 「最近ずっと相手と新居を探したり、新生活のことを話し合ったりしているんです」。殺害された会社員大出嘉之さん=当時(41)=は昨年8月5日、ブログに結婚への夢をつづっていた。しかし、木嶋佳苗容疑者(35)との「婚前旅行」で喜びは暗転、翌6日には埼玉県富士見市の駐車場に止められた車内で遺体で見つかった。
 捜査関係者によると、木嶋容疑者とは昨年7月初旬、インターネットの結婚紹介サイトで知り合い、交際を開始した。「きょう相手のご家族と会うのです」「実は婚活中」。ブログには結婚を間近に控えたうれしさがにじんでいた。
 「今夜から2泊3日で婚前旅行に行きます」。大出さんはブログにそう書き残し、レンタカーを運転して都内の木嶋容疑者宅に向かった。
 富士見市内の駐車場に止められた車の中からは、大出さんの遺体としちりん、燃え残った練炭が見つかった。自殺に見せ掛けられたが、遺書や車の鍵などがなかったという。 

【関連ニュース】
「結婚したら尽くします」=サイトで「家庭的」演出−交際後に金無心・木嶋容疑者
連続不審死、35歳女を逮捕=会社員男性殺害の疑い−練炭自殺装う・埼玉県警
殺人容疑で女を逮捕へ=来月初旬にも、41歳男性死亡−連続不審死・埼玉県警
詐欺容疑で女を送検=男性連続不審死−埼玉県警
窃盗罪で女を追起訴=連続不審死−さいたま地検

<鳩山首相>幸夫人、賞品の宝石類を寄付(毎日新聞)
民家全焼、39歳の息子の遺体 千葉・四街道(産経新聞)
「未公開株」被害者に「回復手続き」と詐欺(読売新聞)
<日清ファルマ>カプセルは「トクホ」認めず 消費者委(毎日新聞)
首都圏連続不審死 すりこぎから睡眠薬 つぶして混ぜる?(毎日新聞)
[PR]
by aragkhhsik | 2010-02-04 15:27

拳銃強盗容疑、会社員2人逮捕=07年、現金190万円奪う−長崎(時事通信)

 長崎県雲仙市のホームセンターで2007年、男2人組が発砲し、売上金約190万円を奪った事件で、長崎県警捜査1課と雲仙署などは2日、強盗、建造物侵入などの容疑で、東彼杵町瀬戸郷、会社員竹末哲郎(46)と大村市平町、会社員松本英昭(45)の両容疑者を逮捕した。
 県警によると、いずれも容疑を認めている。拳銃は見つかっておらず、県警は拳銃の発見とともに入手経緯を調べる。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
〔写真特集〕多発する銃犯罪
警官発砲で負傷の男逮捕=車で突進、殺人未遂容疑
午前9〜10時に殺害か=同居の男、電器店に立ち寄る
強殺未遂容疑、男2人逮捕=消費者金融に押し入り発砲

<JR大阪駅>国内初 ホーム覆うドーム(毎日新聞)
<毎日写真コンテスト>東京で表彰式(毎日新聞)
首相、閣僚に自制要求=官房長官は陳謝−亀井発言(時事通信)
<中国残留孤児>曲美琴さんの「兄」、DNA鑑定で無関係(毎日新聞)
約40ブランド出展、日韓から女性モデル募集 福岡コレクション(産経新聞)
[PR]
by aragkhhsik | 2010-02-03 14:59

<大雪>関東甲信に注意報 2日未明にかけ都心でも5センチ(毎日新聞)

 気象庁は1日夕、東京23区・多摩地域など関東甲信地方の各地に大雪注意報を発表した。日本の南海上にある低気圧が発達しながら東に進む影響で、1日夜から2日未明にかけて大雪となる所があり、東京23区でも2日午前6時までに3〜5センチの雪が降る見込み。気象庁は路面の凍結などに注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、大雪注意報の対象は他に群馬、栃木、埼玉、山梨各県の全域と長野県中部・南部。2日午前6時までの降雪量は多い所で▽山梨県30センチ▽関東北部、埼玉県秩父地方、神奈川県西部、長野県15〜20センチ▽関東南部の平野部10センチ−−の見込み。【福永方人】

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
天気:関東甲信で夜から大雪
3カ月予報:2〜4月 暖かい春になる見込み 気象庁発表
気象庁:今冬は平年並みの寒さ 「予想外だった」と説明
寒波:北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析

<宮崎市長選>元旧佐土原町長の戸敷正氏が初当選(毎日新聞)
マンション非居住者限定の「住民活動協力金」は有効 最高裁(産経新聞)
「責任の重さ感じる」=当選から一夜明け稲嶺氏−名護市長選(時事通信)
<人工歯根>豊橋市保健所に問い合わせ殺到 使い回し疑惑で(毎日新聞)
<福岡元組長射殺>組幹部の無期懲役確定へ 最高裁上告棄却(毎日新聞)
[PR]
by aragkhhsik | 2010-02-02 18:59