山崎前副総裁 引退へ 参院選で自民公認難しく(毎日新聞)

 昨夏の衆院選で落選した自民党の山崎拓前副総裁(73)は国政復帰を断念する意向を固め、27日に関係者に伝えた。山崎氏は今夏の参院選で比例代表での出馬を目指していたが、党本部は公認しない方針。自民を離党し他党から出馬することも一時模索したが、当選は困難と判断した。

 周辺によると、山崎氏は自民党山崎派内の混乱を避けるため、当面は同派会長を続ける意向。派閥幹部は「国会議員でなくても政治活動はできる」と話すが、系列の地方議員は「事実上の政界引退だ」と指摘しており、影響力の低下は避けられない見通しだ。【川名壮志】

【関連ニュース】
山崎前副総裁:公認問題決着後、進退自ら判断
自民党:「70歳定年」賛否相次ぐ
自民:山崎拓、保岡氏は公認せず 参院選比例で方針固める
選挙:参院選 自民・青木氏、出馬正式表明 選挙区定年なし、執行部批判再燃も
選挙:参院選 山崎拓氏らベテラン「出たい」 自民執行部、対応に苦慮

鳩山内閣、占星術的にはほぼ完璧らしいが…(産経新聞)
鳩山首相 幸夫人、賞品の宝石類を寄付(毎日新聞)
7兆2千億円規模の経済対策 第2次補正予算案が衆院通過(産経新聞)
首相動静(1月26日)(時事通信)
<鳩山首相>「起訴されないこと望む」発言を撤回(毎日新聞)
[PR]
by aragkhhsik | 2010-01-30 22:32


<< 09年交通死、高齢者が49%=... 赤信号通過のパトカー衝突=不審... >>