<患者骨折>胸部を強く圧迫か 逮捕の元看護師(毎日新聞)

 佐用共立病院(兵庫県佐用町)の患者6人が相次いで肋骨(ろっこつ)を折られた事件で、6人の骨の折れ方が、同病院元看護師の羽室沙百理(さおり)容疑者(26)=傷害容疑で逮捕=が供述している患者の胸部への圧迫の方法と一致することが13日、捜査関係者への取材で分かった。県警は羽室容疑者の容疑を裏付ける重要な証拠とみている。

 捜査関係者によると、司法解剖などから6人の肋骨の折れ方はいずれも似ており、左右に偏りがなく、胸の中央部を強く圧迫したことによって折れたという結果が出た。

 羽室容疑者はこれまでに6件すべての関与を認めており、「両手で胸の中央に体重をかけるようにして患者の骨を折った」と供述。県警は今後、再現実験をして羽室容疑者の供述を裏付ける方針。【村上正】

【関連ニュース】
患者6人骨折:看護師を傷害容疑で逮捕 兵庫の病院で
兵庫・佐用共立病院の患者骨折:看護師を傷害容疑で逮捕 「6人ともやった」供述
兵庫・佐用共立病院の患者骨折:容疑の看護師「しゃべれない人狙った」 夜勤巡回中か

「死ぬかもと思ってた」奈良5歳児虐待死の母親(読売新聞)
<東京大>論文に虚偽記載、教授を懲戒処分(毎日新聞)
「トレーダー主婦」に実刑判決…出資法違反事件(読売新聞)
未成年の性描写漫画規制、里中さん「文化の衰退」(読売新聞)
大阪のドラム缶夫婦遺体、証拠の血痕・毛髪紛失(読売新聞)
[PR]
by aragkhhsik | 2010-03-19 00:41


<< 雑記帳 新種?肉食恐竜の全身骨... 治験・臨床研究の活性化に向けて... >>